消費者金融と銀行カードローンの違いは?

同じカードローンという名前の金融商品ですが、銀行と消費者金融では違いがあるのです。それは、規制を受けている法律が違うというものです。消費者金融は貸金業法となります。銀行カードローンは、消費者金融のカードローンのように限度額を決めてその範囲内では何度でも利用できます。利用方法はとても似ていますが、規制を受ける法律は銀行法となります。

 

法律が違うことで、総量規制を受けるかどうかも当然違います。消費者金融では、年収の3分の1までに貸金業者からの借入を収めるという規制を受けますが、銀行カードローンはこの総量規制を気にせずに申し込みできるようになっています。「それなら、銀行カードローンのほうが断然いい!」と思ったでしょうか。

 

しかし、実際のところカードローンを利用する際には、お給料日前のピンチを補うといった使い方を希望する方も多いでしょう。何百万円もの限度額はあまり必要ないと考えている申し込み者も多いはずです。こうなると、総量規制の範囲内でもまったく問題はないといえるでしょう。むしろ借り過ぎを防げることで、安心感があると感じるのではないでしょうか。

 

また銀行は総量規制を受けないといっても、返済能力などを判断します。銀行カードローンも無担保、保証人なしで利用できるわけですから、申し込み者自身の返済能力が限度額に大きく影響します。そのため、他のローンなどの利用状況にもよりますが、結局は総量規制の額と大きく違わない限度額となるケースも多いのです。

 

大きな違いと感じる法律の規制ですが、利用者側としてはそれにこだわり過ぎず、使いやすさや即日融資できるかといった自分のローンへの希望も優先して借入先を決めるようにしましょう。